埼玉県で増加する墓じまいと魂の行方

埼玉県は、複数の鉄道を乗り継ぎ首都東京まで通勤する事が可能にも関わらず、人口の流出に起因する過疎化による墓制の継承者不足が深刻化し墓じまいを選択する人が非常に多くなっています。

評価の高いT-SITEならこちらのサイトがオススメです。

墓は、管理組合や寺院に永代使用料や永代供養料を一括で支払いを終えていても、一般的に30年〜35年程度で無縁仏となってしまう為、現在では全体の約40%が無縁仏とされています。



その為、お墓参り代行サービスなどを利用して墓の管理を継続する人達も一部には存在しますが、墓じまい増加の一因が長期にわたる不況に起因する経済的な問題にあるので多額の費用を必要とするお墓参り代行サービスを利用する事は非常に少なく、見るも無残な無縁仏となっているのがほとんどです。



無縁仏は、昭和23年に制定された墓地、埋葬に関する法律の第3条が平成11年に改正された事により、所定の手続きを踏む事で墓地管理者の意思で無縁仏の改葬が行える様になっていますが、埼玉県西部の様な過疎地区では檀家制度が崩壊している為、多数の無縁仏を撤去処分する余力が無く放置されるケースも多くあります。

しかし、葬式仏教と蔑まれている仏教界は、子孫の幸せを祈ってくれる先祖を無縁仏にするのは大きな不義理と諭されますが、仏教本来の教義の六道輪廻に基づくならば魂は墓地に無く転生していると考える方がより自然であり、魂が墓に無いのが真理と考えるべきなので墓じまいし墓が無い事に問題は何も無いと考えられます。

その為、自然豊かな埼玉県では、墓じまいで回収した遺骨を散骨や樹木葬などの自然葬で弔う人達が増加しています。