墓じまいをするということ

墓じまいとは、遠方で墓守が出来ない、子孫が居ないので墓守が出来ないなど、様々な理由でお墓を終わらせることです。

現在あるお墓から骨壺を抜き、墓石を取り壊し、更地に戻すという作業です。これだけだと非常に簡単な作業の様に思われますが、いろいろな人の思惑が絡みますので、意外と滞り気持ちが折れてしまう可能性のある作業です。

本気で墓じまいをする気持ちが強ければ必ず成し遂げられますので、あきらめずに行います。


まず、寺院が墓じまいを良しとしないケースが多いのです。

檀家が減るわけですから、当然、春や秋のお彼岸やお盆、命日などの読経代や線香代、お布施がなくなるわけです。



収入源が減るわけですから良い顔をしない住職がいるのです。


中には話すら聞こうとしない方もおられるそうで、その際は非常に難航するでしょう。

抜き出した骨壺は家に安置することはできませんので、他の永代供養墓に移すなり、散骨するなりと証明書が必要となります。
その際、それでは成仏できないと精神的に脅迫する住職もいるようですが、大丈夫ですので安心してください。


また、この金銭的な思惑が絡んだ妨害は石屋の方にもあります。



石屋はお墓を建てる時はそれはいい顔をします。

多角的な視点から日本経済新聞について紹介している良質なサイトの情報はこちらです。

メンテナンスや人が亡くなる度に収入があるので当然です。
しかし、墓じまいとなると石屋の方も収入がなくなるという事ですので、最後なら吹っかけてやろうと法外な値段を持ちかける業者もいます。
建てた石屋でなくても良心的な値段で墓じまいをしてくれる所が必ずありますので、よく調べて比較をし見積もりを出して御願いしましょう。