千葉で墓じまいした後、遺骨はどうする?

category01

少子化や不況を背景に、「お墓を継ぐ人がいない」「お墓維持していく経済的負担が大きい」などの理由で、千葉の墓じまいをする人が増えています。

千葉で墓じまいをする時にはお墓を処分するだけでは済みません。



お墓から取り出した遺骨をどのように供養していくかもあらかじめ考えておく必要があります。


千葉の墓じまい後の遺骨の移転方法として最も費用的負担が少ないのは合祀墓・合葬墓を利用した合葬です。他の人の遺骨と合同で埋葬する形式なので一度埋葬すると遺骨は還ってきませんが、永代にわたって寺院や霊園が供養・管理してくれます。

エキサイトニュース情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

合葬では樹木葬を利用することもできます。

樹木葬は寺院や霊園の樹木を墓標とする自然葬です。


樹木葬の場合は遺骨を個別に埋葬するタイプのものもあります。



合葬したくない場合は納骨堂に納めるという方法があります。納骨堂とは遺骨を安置しておく施設のことです。


コインロッカー式や納骨壇式、収蔵棚式など様々なタイプがあり料金も利用するタイプによって幅がありますが、個別にお参りできるという利点があります。

永代供養を前提に運営している納骨堂も多く、将来無縁仏になってしまう心配もありません。


遺骨を自宅に持ち帰り手元供養する方法もあります。


遺骨の一部をジュエリーなどに納めて身につけたり、ミニ骨壷に納めて自宅で供養します。


合葬と合わせて利用する場合も多く、個別にお参りする代わりに遺骨の一部を手元において供養することができます。

社会をよく学ぶ

category02

日本は、世間一般の人も知っている様に世界でも類を見ないほどの速度で高齢化が進んできましたが、2038年〜2040年まで死者数が年々増加し現在よりも30万人以上多い165万人前後になるとされ、少なくとも2060年頃まで現在よりも年間死者数が多く高齢化が進むとされています。死者の増加は、墓地の不足を深刻化させるだけで無く、高齢化の原因である少子化やUターン就職の不定着、更に強まる大都市への人口集中による墓制の継承者不足は無縁仏と深刻な仏教離れによる廃寺の増加を更に深刻化するとされています。...

subpage

社会の補足説明

category02

埼玉県には、他県から多くの人々が来て、仕事をしています。少子高齢化時代の現代では、他県にある墓じまいを検討中の人が多くなっています。...

subpage

初心者向き社会

category03

埼玉県は、複数の鉄道を乗り継ぎ首都東京まで通勤する事が可能にも関わらず、人口の流出に起因する過疎化による墓制の継承者不足が深刻化し墓じまいを選択する人が非常に多くなっています。墓は、管理組合や寺院に永代使用料や永代供養料を一括で支払いを終えていても、一般的に30年〜35年程度で無縁仏となってしまう為、現在では全体の約40%が無縁仏とされています。...

subpage

基礎知識

category04

墓じまいとは、遠方で墓守が出来ない、子孫が居ないので墓守が出来ないなど、様々な理由でお墓を終わらせることです。現在あるお墓から骨壺を抜き、墓石を取り壊し、更地に戻すという作業です。...

subpage